【青春スター】日本人参加者カズタ(かずた)の本名は?経歴・プロフィールまとめ

2022年5月19日、日韓合同グローバルオーディション番組「青春スター」の放送がスタートしました!

総勢108名の男女が参加。日本からは4名が出演するとあって、どんな活躍を見せてくれるのか大きな期待が寄せられています!

この記事では、「青春スター」に出演する日本人メンバーカズタさんの本名・経歴・プロフィールをご紹介します!

スポンサーリンク
目次

【青春スター】オーディションとは?

ABEMAと韓国のCHANNEL Aが日韓合同でタッグを組み、世界で活躍するスターを誕生させるために始動したオーディション番組です。

「アイドル」、「ボーカル」、「シンガーソングライター」の3部門で募集をしており、最終デビューできるのは7組、優勝者には日本の大手レコード会社と契約できる特典が公表されています。

「アイドル部門」は48名(男性27名・女性21名)、「ボーカル部門」は31名(男性15名・女性16名)が、「シンガーソングライター部門」は31名(男性17名・女性12名)の総勢108名が参加し、日本から、アイト、カズタ、コウダイ、タクマの4名がアイドル部門に参加します。

すでに芸能事務所に所属している方や、デビューの経験がある参加者もおり、高いレベルの参加者たちの中で、日本人参加者がどのように活躍し、勝ち残っていくことができるのか、期待が高まっています!!

【青春スター】カズタ(かずた)の本名は?

abema

公表されていませんが、インタビュー映像で「僕の名前はチネン カズタといいます」と自己紹介していることから、

カズタさんの本名は「チネンカズタ」だということが分かりました。

「ちねん」と読む名字(苗字)は、沖縄出身の歌手 知念 里奈(ちねんりな)さんや、Hey! Say! JUMPのメンバー知念 侑李(ちねんゆうり)さんなど、「知念」のイメージが強いですよね。

「知念」という名字の人は全国に約15,000人程おり、

日本全国で見ると、主に「沖縄」「東京」「大阪」「神奈川」「千葉」の順に多く分布している名字のようです。

カズタさんは沖縄出身であることから、名字は「知念」ではないかと思われます。

また、番組HPにて公開されているカズタさんご本人による手書きプロフィールに「和汰」と書かれていることから、

本名(漢字)は、「知念 和汰(チネンカズタ)」さんだと思われます。

【青春スター】カズタ経歴・プロフィール 韓国n.CHエンタ所属!

abema青春スター

カズタさんは、日本人参加者の中で最年長の24歳です。

韓国の芸能事務所「n.CH(エヌシーエイチ)エンターテイメント」に所属しており、練習生として3年間ほど生活をしているそうです。

これまでにオーディションの参加経験はなく、青春スターが初参加とのこと。

年齢のこともあり、最後のチャンスだと思って参加を決意したそうです!


2022年9月3日、HYBE JAPANから新たなボーイズグループ「&TEAM(エンティーム)」が誕生しました。このメンバーに選ばれたFUMA(フウマ)さんは、カズタさんと同じn.CHエンタの練習生でした。

↓カズタさんが、韓国のファンコミュニティUNIVERSE (ユニバース)でFUMAさんを祝福しています。

同じ時期に苦楽をともにした2人が、今年晴れてデビューが決まるなんて感慨深いですね・・・。

n.SSign(エンサイン)と&TEAM(エンティーム)ともにこれからの活躍がとても楽しみですね。

カズタ プロフィール

名前:カズタ(和汰)
本名:チネン カズタ
ニックネーム:ズタ
生年月日:1997年 12月 31日(25歳) ※日本年齢
出身:沖縄県
血液型:O型
MBTI:ISFJ(忠誠心が強く、勤勉でひたむき、思いやりのある性格)
夢:スターになりたいです
ロールモデル:SHINeeテミン
好きなもの:ドラマや映画を見ながらお菓子を食べること
好きな食べ物:お母さんが作る鍋/トッポギ/サムギョプサル
嫌いなもの:計画が台無しになること!!!
特技:バスケ歴9年、道を一回で覚えること、水泳
キーワード:バスケットボール/オールラウンダー/セクシーパワーダンサー/韓本(韓国+日本)人
/諦めは0
個人インスタグラム:i_amchi_ka

スポンサーリンク

【青春スター】カズタの特技はバスケとダンス!

カズタさんは、9年間バスケットボールをやっていたそうで、PR動画では華麗なシュートやドリブルを披露。

また、腹筋を2倍速でやったり、拍手腕立て伏せなど、体を張ったアピールもしていました!

体育会系であり、手脚が長いのでダンスが得意なのではないでしょうか。ダンスパフォーマンスに期待したいですね。

別のインタビュー動画では、「自分を一言で表すと?」の質問に対して、「セクシー・パワー・ダンサー」と回答していることや、練習生期間2年半ということからも、やはりダンスが得意のようですね!

俺はこうだ!という情熱とそれを形に表すユーモアさが魅力のカズタさん。活躍が楽しみですね。

【青春スター】カズタの兄弟は?美人な母親似!

n.SSignでは長男のカズタさんですが、実は3人兄弟の末っ子!お兄さんとお姉さんがいらっしゃいます。

個人インスタグラムでご家族と映る幼少期の写真を公開されています。抱っこされているのがカズタさんですね。

抱っこしているのは、カズタさんのお母さんなのですが、女優さんのように綺麗な方ですね!スラっとしていてお母さん似と言えるでしょう。

【青春スター】カズタと仲のいい参加者(メンバー)は?

特にシンガーソングライター派のKUMAN(クマン)さんと仲が良いようです。

abema青春スター

アイドル部門ではみんなと仲が良く、シンガーソングライター派やボーカル派の参加者からも声を掛けられることが多いそう。

韓国語がとても流暢で他の参加者から一目置かれる存在のカズタさん。礼儀正しく落ち着いた雰囲気から性別関係なく話しかけやすいのでしょうね!

【青春スター】カズタの歌・ダンスの実力は?

オーディション映像 すでにスター性がすごい!

青春スター公式YouTubeチャンネルより、カズタさんのオーディション時の映像が特別に公開されています

カズタさんはオーディション時、アイドルの曲ではなく、韓国人歌手の難曲を披露しています。また、日本語で、尾崎豊さんの「I LOVE YOU」を歌う貴重なシーンも!

甘いボーカル安定感のある歌声キレのあるダイナミックなダンスで、オーディション時ですでにスター性がスゴイ!と話題になっています。

審査員との受け答えからも、カズタさんの真面目さや謙虚さが伝わってきます。

カズタさんは、内面的な部分でも人の心をつかみ、応援したくなるような特徴を持っていますね。

オーディション披露楽曲

ボーカルパフォーマンス
♪Do You Wnat to walk with me?/Jukjae(チョクチェ)
♪Every Day,Every Moment/Paul Kim(ポール・キム) 
♪I LOVE YOU/尾崎豊

ダンスパフォーマンス
♪Time For Love / Chris Brown
♪Stay/Zedd,Alessia Cara

予選 アイドル派最高得点を獲得!

カズタさんは、第2話の放送で、日本人参加者トップバッターで予選に登場しました。

司会者から「カメラに向かってビデオレターを!」と言われる無茶ぶりにも、流暢な韓国語で対応。

日本にいる母親にむけて、「韓国で生活することを反対して、ケンカもしたけど、でも僕は韓国で頑張っているから心配しないでね」とメッセージを伝えます。

「でもお母さんは日本人だから(韓国語)わからないよね」と話のオチで笑いを取り、注目を集めました。

個人ステージでは、2PMの「My House(僕の家)」 を披露。

完璧な発音とセクシーなダンスで、エンジェルミュージシャンや 会場のスターメーカーたちを虜に。

アイドルグループWINNERのリーダー、カン・スンユンに「カズタ大好きだよ!」と言わしめ、

アイドル派最高得点の179点を獲得し、本戦への出場を勝ち取りました!

カン・スンユン「ライブもダンスも全部やってのけた」
ユンナ「1人なのにステージが埋まってた」
ソユ(元SISTAR)「日本人が韓国語で歌うのを聞いてきた中で次元が違う」

本戦 第1ラウンド BTSの「Boy In Luv」で1位を獲得!

予選にて、アイドル派最高点の178点を獲得し、アイドル派1位になったカズタさん。

同じアイドル派のみならず、全参加者から一目置かれる存在に。

本戦第1ラウンド「派対抗団体戦」では、イ・ハンジュン、キム・スンヒョク、チョン・チビン、ロレンスとチーム「アニマル5」を結成。

カズタさんは、リーダー兼メインボーカルを務めました。

ソユ(元SISTAR)から酷評を受け悩むチビンに対し、解決のアドバイスをし、励ますリーダーシップも発揮。

本戦第1ラウンド1組目、1番に登場したアニマル5チームは、BTSの「Boy In Luv」を披露しました。

EXOカイのバックダンサーを務め、ストリートウーマンファイターに出演したダンスチームWayBのリーダー

no:ze(ノジェ)も思わず「上手い!」と声を出してしまう圧巻のパフォーマンスで会場のボルテージを最高潮に!

no:ze(ノジェ)「上手!」
カン・スンユン(WINNER)「やはりカズタが目に入りますね」

チビンが歌詞を間違えてしまうハプニングがありましたが、1組目、最多投票数を獲得し1位に!

アイドル派に勝ち点3をもたらしました!

本戦 第2ラウンド ソリソリで181点の高得点を獲得

本戦第2ラウンド「最強の組み合わせ3派戦」(1・2位は全員生存、3位は脱落するルール)では、カズタ、タクマ、ヤン・ジュニョク、ロレンス、ロビンと「ワールドジュニアチーム」を結成。

カズタは、「実力派メンバーのジュニョクがいて信頼できる」、ジュニョクも「自分より上手い人たちがいて最高」と、顔合わせの瞬間から信頼関係が芽生え、このチームなら絶対に勝てると自信に満ち溢れた姿が印象的でした。

5組目(第7話)に登場し、ソリソリダンスで有名な、SUPER JUNIOR(スーパージュニア)のメガヒット曲「Sorry,Sorry」でステージを披露。

5組はボーカル派の女王ヒョン・シニョンなど、圧倒的な実力派がそろったことで“死の組”と呼ばれました。

惜しくも1位は逃したものの、SUPERJUNIORのシンドンからも高評価!

181票/200人中 を獲得し2位でチーム全員の生存、第3ラウンドへの切符を手にしました!

ソユ(元SISTER):「カズタさんを中間評価でも見ましたが、上手で目立つ可能性もあるのにバランスを合わせるのが上手です」
キム・イナ:「違うわ(別格の意味)」
ユン・ジョンシン:「歌も上手!」

本戦 第3ラウンド オーディション史上、最高レベル!

本戦第3ラウンド「勝者生存ハンターゲーム」(一対一で対決し、勝者は生存、敗者は即脱落)では、

上位層ランクが対戦相手を指名できるルールで、カズタさんは自分と同じく予選1位のカン・チャンフィ(ボーカル派)を指名!

自分よりランク下のメンバーを指名する方が圧倒的に有利になるにもかかわらず、あえて強いライバルを指名したことで、より強い人との戦いを楽しみ、 結果を出して期待に応えたいという強い意志が感じられました。

4組目(第8話)に登場し、第2ラウンドと同じ、ワールドジュニアチーム(カズタ、ヤン・ジュニョク、ロレンス、ロビン)で東方神起の「MIROTIC」を披露しました。

重要な高音パートを務めた責任感から、練習量を増やしたことで体調を崩してしまい、弱気な姿を見せる場面も・・・。

しかし、本番では、完璧なパフォーマンスを見せ、ボーカル派のカン・チャンフィ/パン・ジュンウォンにみごと勝利しました!

不安要素だった高音パートもエンジェルミュージシャンから高評価!血のにじむ努力で、準決勝進出を勝ち取りました!

キム・イナ:「自分への自信がカッコいい。その姿勢はアイドルに必要な素質だと思う」
ソユ(元SISTER):「カズタはラインがキレイ」 
(4人に対して)「アイドルのオーディションで見た中で1番 このレベルは初めて見た

※日本人参加者のタクマさんは、体調不良のため、第3ラウンド以降の出演を辞退しています。

準決勝 第1ラウンド 最高得点を更新!

準決勝1ラウンド目では、キューピットの矢を放つ致命的な魅力5人組「キューピッドチーム」として、

アイドル派のライバルともいわれていたチョン・ソンユンと、パク・ヒョン、イ・ハンジュン、チャン・ヒウォンでEXOの大ヒット曲『Love Shot』のステージを披露しました。

5人のセクシーなパフォーマンスで会場を虜に。エンジェルミュージシャン達から「まだデビューしていないのが不思議なくらい」と高く評価され、8人全員から票を獲得し800点のオールパスで、第1ラウンド最高得点を更新しました!

ユン・ジョシン:「引き込まれた。まだ準決勝なのに完成している。迷うことなく押しました。」

キム・イナ:「カズタさんはさりげなく腸腰筋を見せましたね。見せびらかすように。でも自然な流れで悪くなかったです。見ていてびっくりしたのは脱落する気がしないということです。」

カン・スンユン(WINNER):「僕は一応現役のアイドルなのですがとても誇らしいステージでした。引き込まれて集中して見てました。まさにアイドルのなせる技です。自分がアイドルであることを誇りに思わせてくれました。」

プロが見て唸るレベルの高いパフォーマンスで第1ラウンド1位の好成績を収め、
SNS上でも「このチームはバランスがいい」「Love Shotのカバーダンスで一番!」などと話題になりました。

スポンサーリンク

準決勝 第2ラウンド 

準決勝第2ラウンドはアイドル派全員で、EXOの「CALL ME BABY」を披露しました。

カズタさん率いる「キューピッドチーム」は、エンジェルミュージシャン8人全員から票を獲得!なんと、準決勝総合順位1位でTOP7入りを果たし、見事デビューを勝ち取りました!

惜しくも9位となったプレイチームから、ヤン・ジュニョクとユン・ドハの2人が救済され、7人組ボーイズグループ「n.SSign」としてデビューすることが決定!

決勝戦(1位決定戦)では、1RでSHINeeの「♪Sherlock」、2RでBTSの「♪Spring Day」とDEUXの「♪In Summer 」を披露し、総合1位となり、賞金1億ウォン(約1,000万円)を獲得しました!

【青春スター】カズタの性格は『超努力家』!

予選でアイドル派最高得点を叩き出したカズタさん。韓国語も流暢で歌が上手く、ダンスも得意。

何でもこなせる優等生のように見えますが、ステージ裏で涙を流すシーンも。

韓国語が離せないことが辛かったそうで、1日5時間ぐらい稽古してから家に戻って勉強していたんだとか。午前3時になる日もあったそうです。

インタビュー動画では、カズタさんの口から努力という言葉が何度も登場します。

韓国語も歌もダンスも秘訣は特に無くて、とにかくできるまでやるのが彼のやり方です。

何事も粘り強く努力できるタイプのようですね。

誰かに憧れるより“チネンカズタ”というアーティストを作りたいと語っていました。

カズタさんは今後の本戦でも努力を積み重ね、さらに成長した姿でスターメーカーを驚かせてくれるのではないでしょうか。これからの活躍がますます楽しみですね!

スポンサーリンク

【青春スター】公式サイト・SNS

公式サイト・SNS

【公式HP・SNS】
・公式ホームページ:青春スター放送URL
・公式YouTube:ABEMA 青春スター【公式】
・公式Twitter:青春スター@ABEMA
・公式TikTok:seisyunstar_official

【青春スター】カズタ 経歴・プロフィールまとめ

今回は、「青春スター」に出演する日本人メンバーカズタさんの本名・経歴・プロフィールをご紹介しました。

カズタの本名は「チネン カズタ」
韓国で3年間練習生をやっている
所属事務所は「n.CHエンターテイメント」
オーディションは青春スターが初参加
・バスケが得意でキャッチフレーズは「セクシー・パワー・ダンサー
韓国語が流暢でなんでもこなせるオールラウンダー
予選でアイドル派最高得点の178点を獲得
本戦第1ラウンドで1位を獲得!勝ち点3をもたらす
何事も粘り強く努力できるタイプ

圧巻のパフォーマンスで最高得点を記録し、アイドル派1位のカズタさんは韓国で練習生をしている超努力家でした。今後の活躍からも目が離せませんね!

スポンサーリンク
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次