【全結果まとめ】青春スターオーディション 最終順位・結果は?

5月19日(木)より、日韓合同グローバルオーディション番組「青春スター」の放送がスタートしました!

日本からは4名が出演するとあって、どんな活躍を見せてくれるのか大きな期待が寄せられています!

この記事では青春スターオーディションの最終順位・点数など全結果をまとめています。

スポンサーリンク
目次

青春スター オーディションとは?

ABEMAと韓国のCHANNEL Aが日韓合同でタッグを組み、世界で活躍するスターを誕生させるために始動したオーディション番組です。

7組のデビュー枠を懸け、「アイドル派」、「ボーカル派」、「シンガーソングライター派」の3部門に分かれてバトルを繰り広げます。

abema青春スター

「アイドル部門」は48名(男性27名・女性21名)、「ボーカル部門」は31名(男性15名・女性16名)が、「シンガーソングライター部門」は31名(男性17名・女性12名)の総勢108名が参加。

日本から、アイト、カズタ、コウダイ、タクマの4名がアイドル部門に参加します。

すでに芸能事務所に所属している方や、デビューの経験がある参加者もおり、高いレベルの参加者たちの中で、日本人参加者がどのように活躍し、勝ち残っていくことができるのか期待が高まっています!!

青春スター オーディションの審査基準・ルールは?

青春スターオーディションの流れ

①アイドル派・ボーカル派・シンガーソングライター派がバトルを繰り広げる
②予選→本戦3ラウンド→準決勝→決勝戦
③最後まで残った7組がデビュー(優勝者には1億ウォンの賞金も)

8名のエンジェルミュージシャン

ユン・ジョンシン(Billlieの事務所MYSTIC STORYの代表プロデューサー)
イ・スンファン
キム・イナ(少女時代のテヨン、SHINee、EXOなど数々のヒット曲の歌詞を担当)
イ・ウォンソク(Daybreak)
ユンナ
ソユ(元SISTAR)
NO:ZE(ノジェ)(ダンスクルーWAYB)
カン・スンユン(WINNER)

【第1話】予選ステージ 前半

5月19日(木)、ついに予選ステージがスタートしました。総勢108名の参加者が、本戦出場の切符を懸けて競います!

予選では、観客192名とエンジェルミュージシャン8名の計200名がスター性を感じた参加者に投票を行い、200票中150票以上獲得できれば本戦に進出することができます。

アイドル派は2人~4人組のチームでも参加することができ、不合格になった場合は、別途個別投票が行われます。

『予選』ステージの審査基準・ルール

①ステージ
ボーカル派・シンガーソングライター派 → 個人ステージ
アイドル派 →1~4名でのチームステージ

②披露楽曲
ボーカル派・アイドル派 →【1曲】
シンガーソングライター →【カバー曲1曲】+【自作曲1曲】

③会場にいる200名による投票(観客192名+エンジェルミュージシャン8名)

200票中150票以上を獲得すれば、STAR PASS(スターパス)で予選通過となり、本選進出が決定!

※アイドル派の投票については、チームが150票を獲得できなかった場合はその場で個人投票を行い個人で150票以上を獲得した参加者のみ本選進出となる

BTS・NCTDREAM・IUなどの人気アーティストの楽曲で予選に挑み、豪華エンジェルミュージシャンも認める実力をもった参加者が勢ぞろい!初回からハイレベルな戦いが繰り広げられました。

200票のうち150票を獲得し、予選を勝ち抜いた参加者は以下の通りです。

名前参加部門披露楽曲
リュ・ミンヒボーカルConfession(パク・ヘギョン)
チョン・スミンシンガーソングライターBeautiful(Crush)+自作曲
チョン・ソンユンアイドルEuphoria(BTSジョングク)
パク・ジュンウォンボーカルイグアナ(カン・サンエ)
リュ・ジヒョンシンガーソングライターFriday(IU)+あなたに
チャン・ヒウォン/ロレンスアイドルDunkShot(NCT DREAM)
ペク・ヒヨンボーカルYou’re the one(J.Y.Park)
チュ・ボムジンシンガーソングライターEmergency room(izi)+自作曲
ナム・ユジュ/パク・ユリ/チョン・ナラアイドルTell Me(Wonder Girls)
キム・ジョンファンシンガーソングライターBehind you(J.Y.Park)
ハン・イネボーカルTwinkle(少女時代)
キム・テヒョンボーカルLovepoem(IU)

アイドル派(2人以上のチームの場合)は、150票以下なら個人投票が行われました。

個人投票により、予選を通過したのは以下の3名でした。

キム・スンヒョク
チョ・イヨン
ファン・スジョン

第1話から、実力者が多数登場し、会場を沸かせました!

174票 チョン・ソンユン(アイドル派 )

BTS(ジョングク)の“Euphoria”を披露。圧倒的な美声と安定した歌唱力で迫力のパフォーマンスを披露し、観客を魅了しました。

ボーカルはもちろん。ダンススキルや表情まで、すでにプロだと話題に。174点と高評価で本戦出場を決めました。

5月30日現在、YouTube動画視聴再生回数トップの参加者です。

175票 ペク・ヒヨン(ボーカル派)

ただならぬオーラで登場したペク・ヒヨン。J.Y.Parkの“You’re the one”で、圧倒的な歌唱力と表現力で会場を魅了。

最高得点の175票を獲得し、本戦への駒を進めました! 

スポンサーリンク

【第2話】予選ステージ 中盤

5月26日(木)、第1話に引き続き、第2話でも予選ステージの模様が放送されました。

200票のうち150票を獲得し、予選を勝ち抜いた参加者は以下の通りです。

名前参加部門披露楽曲
キム・シオンシンガーソングライター風の便りに聞いたのだ(チャンギハと顔たち)+自作曲
キム・ソンインボーカルだんだん(BrownEyes)
キム・ガヨン/ペク・ナリン/イ・イェウンアイドルEleven(IVE)
クマンシンガーソングライター最初の気持ちのまま(イ・ソラ)+自作曲
キム・ギョンミンシンガーソングライターBetterfly Effect(シン・スンフン)+自作曲
クォン・ヒョンモボーカルどうしてますか(パク・ファヨビ) 
ソン・ミンソク/チョン・チビン/
ヤン・ジュニョク
アイドルYESTERDAY(Block.B)
ペク・アシンガーソングライター僕の寂しさが君を呼ぶとき(Jang Pill Soon)+自作曲
カズタボーカル僕の家(2PM)
キム・プルムシンガーソングライター忘れるつもりで(キム・グァンソク)+自作曲
ヒョン・シニョンボーカル記憶の空いた場所(Naul)

観客の目が肥えてきたのか、厳しい評価が続き、実力のある参加者も続々と不合格者が・・・。

キム・ガヨン/ペク・ナリン/イ・イェウン(アイドル派)

アイドル派3人組チーム『Eleven』。IVEのデビュー曲“Eleven”を披露。

歌もダンスも上手いオールラウンダーのナリンを中心に、3人のバランスの良さが高く評価されました。

エンジェルミュージシャン満場一致で合格を決めました!

174票 カズタ(アイドル派)

ついに、日本人参加者が登場!

2PMの“MyHouse(僕の家)”を披露。ボーカル・ダンス・表情まで完璧なパフォーマンスで観客を虜にしました。

アイドル派最高得点の174票を獲得し、本戦出場への切符を見事勝ち取りました!

スポンサーリンク

【第3話】予選ステージ 後半~本戦

予選ステージ 後半

200票のうち150票を獲得し、予選を勝ち抜いた参加者は以下の通りです。

名前参加部門披露楽曲
ハ・ソクヒ/パク・ミングン/ユン・ドハ/チョ・ヒョジンアイドルFIRE(BTS)
タクマ/カン・ジョンソ/パク・グァンヨンアイドル90’s Love(NCT U)
カン・チャンフィボーカルLove Affair(イムチャンジョン)

アイドル派(2人以上のチームの場合)は、150票以下なら個人投票が行われました。

個人投票により、予選を通過したのは以下のとおりです。

イ・ハンジュンKoKoBop(EXO)

予選ステージ終了後、スタッフから「不合格者はステージに移動します」という掛け声が。

エンジェルパス

54名の不合格者がステージに呼ばれ、最後のチャンス「エンジェルパス」が与えられました。

エンジェルパスは、スターメイカーが見抜けなかった才能をエンジェルミュージシャンが拾い上げるシステム

結果、ボーカル派から2名、シンガーソングライター派から4名、アイドル派から6名が本選に駒を進めることが決定!

名前参加部門予選披露楽曲
ク・ドホンボーカル
ムン・ジェホボーカル
名前参加部門予選披露楽曲
ユシンシンガーソングライター落下する夕方 (自作曲) 
パク・ヘウォンシンガーソングライターUp&Down(Daybreak)+姫の物語(自作曲) 
キム・ジュンソクシンガーソングライター君のフィード(自作曲) 
ク・ギフンシンガーソングライター
名前参加部門予選披露楽曲
キム・ジュンスアイドル
ドウォンアイドル
パク・ソヒアイドルInto The New World(少女時代)
キム・ガウォンアイドルInto The New World(少女時代)
パク・ヒョンアイドルKoKoBop(EXO)
ロビンアイドルKoKoBop(EXO)

予選参加者108名中、66名が本戦へ進出します。

日本人参加者4名のうち、カズタ、タクマの2人が本戦出場。

残念ながらアイト、コウダイの2人は予選敗退となり、本戦出場はなりませんでした。

ランク分け

後日、本選進出者66名が、スタジオに呼ばれました。

司会のチョン・ヒョンが登場し、自分の名札の上のシールをはがすように指示が。

そこには、A・B・Cのいずれかのアルファベットが書かれており、

それが意味するものが予選ステージの得票数をもとにしたランクであることを伝えられました。

abemaTV青春スター

Aランク

カン・チャンフィボーカル
キム・テヒョンボーカル
ペク・ヒヨンボーカル
ヒョン・シニョンボーカル
キム・ジョンハンシンガーソングライター
チュ・ボムジンシンガーソングライター
キム・ヒョジンシンガーソングライター
リュ・ジヒョンシンガーソングライター
カズタアイドル
チョン・ソンユンアイドル
ヤン・ジュニョクアイドル
ソン・ミンソクアイドル
チョン・チビンアイドル
ナム・ユジュアイドル
チョン・ナラアイドル
パク・ユリアイドル

Bランク

ハン・ジスボーカル
パク・ジョンヒョンボーカル
パン・ジュンウォンボーカル
ハン・イネボーカル
キム・ソンインボーカル
ユン・ヨンウンボーカル
ソン・ウィソンボーカル
キム・ミョジンボーカル
シン・アリンシンガーソングライター
ユ・ヨンミンシンガーソングライター
キム・ギョンミンシンガーソングライター
クマンシンガーソングライター
キム・シオンシンガーソングライター
キム・プルムシンガーソングライター
スビシンガーソングライター
ペク・アシンガーソングライター
カン・ジョンソアイドル
パク・グァンヨンアイドル
タクマアイドル
ユン・ドハアイドル
イ・テウアイドル
ハ・ソクヒアイドル
パク・ミングンアイドル
ロレンスアイドル
チャン・ヒウォンアイドル
イ・ハンジュンアイドル
ペク・ナリンアイドル
キム・ガヨンアイドル
イ・イェウンアイドル
ファン・スジョンアイドル
チョ・イヨンアイドル

Cランク

チョン・ミンギョンボーカル
カン・ウンジボーカル
クォン・ヒョンモボーカル
リュ・ミンヒボーカル
ク・ドホンボーカル
ムン・ジェホボーカル
チョン・スミンシンガーソングライター
カン・ソクジュシンガーソングライター
ク・ギフンシンガーソングライター
パク・へウォンシンガーソングライター
キム・ジュンソクシンガーソングライター
ユシンシンガーソングライター
キム・スンヒョクアイドル
ドウォンアイドル
パク・ヒョンアイドル
キム・ジュンスアイドル
ロビンアイドル
キム・ガウォンアイドル
パク・ソヒアイドル

108名の中から、3派で1位に輝いたのは以下の3名!

アイドル派 カズタ
ボーカル派 カン・チャンフィ
シンガーソングライター派 キム・ジョンハン

本戦 第1ラウンド

本選1ラウンドは、K-POPの課題曲での「3派対抗団体戦」

各派とも2名以上のグループで競います。

優勝した派は全員生存できますが、2位、3位の派からは脱落者が出るという残酷なシステム!

『本戦 第1ラウンド』の審査基準・ルール

チーム編成
ボーカル派・シンガーソングライター派 → 各2~4人でのチーム
アイドル派 → 5名で1チーム

対戦方法
アイドル派VSボーカル派VSシンガーソングライター派 3派別対抗戦
最も1位の多い派は全員第2ラウンドに進出確定
2位、3位の派からは脱出者が出る

審査方法(観客192名+エンジェルミュージシャン8名)
合計200票の投票で各対戦での1位~3位が決定!

第1ラウンド【1組目】

本選ステージがスタート!

最初に登場したのは以下の3グループです。

※()は予選ステージの得票数をもとにしたランクを表しています。

【アイドル派】

チーム「アニマル5」

  • イ・ハンジュン(B)
  • カズタ(リーダー)(A)
  • キム・スンヒョク(C)
  • チョン・チビン(A)
  • ロレンス(B)

BTSの『Boy In Luv』を披露

【ボーカル派】

  • パク・ジョンヒョン(B)
  • パン・ジュンウォン(B)
  • ムン・ジェホ(C)

2NE1の『Ugly』を披露

【シンガーソングライター派】

  • キム・シオン(B)
  • クマン(B)
  • チュ・ボムジン(A)

EXOの『LOVE ME RIGHT』(クマン編曲)を披露

観客192名+エンジェルミュージシャン8名による審査の結果は以下の通りでした。

順位参加部門メンバー
1位アイドル派イ・ハンジュン/カズタ/キム・スンヒョク/チョン・チビン/ロレンス
2位ボーカル派パク・ジョンヒョン/パン・ジュンウォン/ムン・ジェホ
3位シンガーソングライター派キム・シオン/クマン/チュ・ボムジン
部門勝ち点
ボーカル
アイドル
シンガーソングライター

【第4話】本戦第1ラウンド

果たして、第1ラウンドを制するのはどの派なのでしょうか?

第3話に引き続き、第1ラウンドの模様が放送されました。

※()は予選ステージの得票数をもとにしたランクを表しています。

第1ラウンド【2組目】

ボーカル派

  • クォン・ヒョンモ(C)
  • ヒョン・シニョン(A)
  • キム・ミョジン(B)

Taeyeonの『UR』を披露

アイドル派

  • パク・ユリ(A)
  • イ・イェウン(B)
  • キム・ガヨン(B)
  • チョン・ナラ(A)
  • チョ・イヨン(B)

RedVelvetの『Red Flavor』を披露

シンガーソングライター派

【R&Bチーム】

  • シン・アリン(B)
  • スビ(B)
  • リュ・ジヒョン(A)

Gainの『Bloom』を披露

観客192名+エンジェルミュージシャン8名による審査の結果は以下の通りでした。

順位部門
1位シンガーソングライター
2位ボーカル
3位アイドル
部門勝ち点
ボーカル4(+2)
アイドル4(+1)
シンガーソングライター4(+3)

2組目が終了し、各派が同点で並びました!

第1ラウンド【3組目】

アイドル派

【野獣アイドルチーム】

  • ヤン・ジュニョク(A)
  • イ・テウ(B)
  • カン・ジョンソ(B)
  • キム・ジュンス(C)  
  • ソン・ミンソク(A)  ※コロナウイルス感染により棄権

NCT 127の『英雄; Kick It』を披露

ボーカル派

予選ステージで175票の高評価を獲得したペク・ヒヨン率いる
【ロックンロールチーム】

  • ペク・ヒョン(A)
  • ソン・ウィソン(B)
  • チョン・ミンギョン(B)
  • カン・ウンジ(B)

MAMAMOOの『넌 is 뭔들(あなたなら何しても最高)』を披露

シンガーソングライター派

【チーム】

  • キム・ヒョジン(A)
  • パク・ヘウォン(C)

Bolbbalgan4の『Galaxy』を披露

観客192名+エンジェルミュージシャン8名による審査の結果は以下の通りでした。

順位部門
1位アイドル
2位ボーカル
3位シンガーソングライター
部門勝ち点
ボーカル5(+1)
アイドル7(+3)
シンガーソングライター6(+2)

3組目が終了し、アイドル派がリード!

第1ラウンド【4組目】

ボーカル派

【バラードチーム】

  • ハン・イネ(B)
  • ハン・ジス(B)
  • リュ・ミンヒ(C)

AKMUの『How can I love the heartbreak,you’re the one I love』を披露

シンガーソングライター派

  • キム・プルム(B)
  • ペク・ア(B)

N.EX.Tの『Fly Chick』を披露

アイドル派

【ガールクラッシュチーム】

  • ファン・スジョン(B)
  • キム・ガウォン(リーダー)(C)
  • パク・ソヒ(C)
  • ペク・ナリン(B)
  • ナム・ユジュ(A)

ITZYの『DALLA DALLA』を披露

観客192名+エンジェルミュージシャン8名による審査の結果は以下の通りでした。

順位部門
1位シンガーソングライター
2位アイドル
3位ボーカル
部門勝ち点
ボーカル6(+1)
アイドル9(+2)
シンガーソングライター9(+3)

第1ラウンド4組目までが終了し、アイドル派とシンガーソングライターが同点に!

本戦第1ラウンドは全6戦。第1ラウンドを制するのはどの派なのでしょうか?

第5話は、6月16日(木)21:30から放送されます!

スポンサーリンク

【第5話】本戦第1ラウンド

第1ラウンドを制するのはどの派なのか?第5組目、6組目のステージ披露がスタート!

※()は予選ステージの得票数をもとにしたランクを表しています。

第1ラウンド【5組目】

アイドル派

日本人参加者タクマのチーム!

  • ドウォン(C)
  • パク・グァンヨン(B)
  • パク・ミングン(B)
  • タクマ(B)
  • ハ・ソクヒ(B)

TXTの『CROWN』を披露

シンガーソングライター派

【R&Bチーム】

  • チョン・スミン(C)
  • ユ・ヨンミン(B)
  • キム・ジョンハン(A)
  • キム・ジュンソク(C)

キム・ゴンモの『Sleepless rainy night』を披露

ボーカル派

  • キム・ソンイン(B)
  • ユン・ヨンウン(B)

SG Wannabeの『Lalala』を披露

観客192名+エンジェルミュージシャン8名による審査の結果は以下の通りでした。

順位部門
1位ボーカル
2位シンガーソングライター
3位アイドル
部門勝ち点
ボーカル9(+3)
シンガーソングライター11(+2)
アイドル10(+1)

ボーカル派が初の1位に!

第1ラウンド【6組目】

ボーカル派

  • カン・チャンフィ(A)
  • キム・テヒョン(A)
  • ク・ドホン(C)

シンガーソングライター派

  • ユシン(C)
  • キム・ギョンミン(B)
  • ク・ギフン(C)
  • カン・ソクジュ(C)

자우림(紫雨林)の『Twenty five, Twenty one』を披露

アイドル派

  • チョン・ソンユン(リーダー)(A)
  • ロビン(C)
  • パク・ヒョン(C)
  • ユン・ドハ(B)
  • チャン・ヒウォン(B)

SHINee「Love Like Oxygen」を披露

観客192名+エンジェルミュージシャン8名による審査の結果は以下の通りでした。

順位部門
1位アイドル
2位ボーカル
3位シンガーソングライター
部門勝ち点
アイドル13(+3)
ボーカル11(+2)
シンガーソングライター12(+1)

チョン・ソンユン率いるアイドル派チームが1位に

最終組が終了し、第1ラウンド「3派対抗団体戦」を制したのはアイドル派でした!

【本戦第1ラウンド】総合順位・得点

順位部門得点
1位アイドル13
2位シンガーソングライター12
3位ボーカル11

優勝した派は全員生存できますが、2位、3位の派からは脱落者が出るという残酷なシステム。

司会者から、8人の脱落者が発表されることに・・・。

3位のボーカル派から、5名の脱落者が発表されました。

ボーカル派

  • クォン・ヒョンモ
  • チャン・ミンギョン
  • カン・ウンジ
  • リュ・ミンヒ
  • ムン・ジェホ

2位のシンガーソングライター派からは、3名の脱落者が発表されました。

シンガーソングライター派

  • カン・ソクジュ
  • キム・ジュンソク
  • ユシン

最終的に、本戦第2ラウンドに進出するのは58名となりました。

(アイドル派30名/ボーカル派13名/シンガーソングライター派15名)

第2ラウンド

本戦第2ラウンドがスタート!本選第2ラウンドは、「最強の組み合わせ3派戦」

第1ラウンドで勝ち残った58名の参加者が派別で競います。

チーム分けには、同じ派の中で組みたい人を指名するという、自らの希望が反映されていました。

ルールは、各組の対決で、1位と2位の派は全員生存でき、3位の派は全員脱落するというもの。

また、1位を多く出した派には、別途特典が用意されることも発表されました。

『本戦 第2ラウンド』の審査基準・ルール

チーム編成
ボーカル派・シンガーソングライター派 → 各2~3人で1チーム
アイドル派 → 5名で1チーム
各派6チーム結成

対戦方法
アイドル派VSボーカル派VSシンガーソングライター派 3派別対抗戦
1位、2位のチームは全員第3ラウンドに進出確定
3位のチームは即脱落

審査方法(観客192名+エンジェルミュージシャン8名)
合計200票の投票で各対戦での1位~3位が決定!
1位のチームを最も多く獲得した派にはベネフィット授与


各派のチーム構成は以下の通り。各派6チーム、計18チームが結成されました。

アイドル派

チョン・ソンユンのチーム

チョン・ソンユン
パク・ヒョン
チャン・ヒウォン
イ・ハンジュン
ソン・ミンソク

カズタのチーム

カズタ
タクマ

ヤン・ジュニョク
ロレンス
ロビン

日本人参加者カズタとタクマの2人が同じチームに!

「青春スターいいねで推し投票」1位のチョン・チビンのチーム

チョン・チビン
キム・スンヒョク
ユン・ドハ
パク・グァンヨン
カン・ジョンソ

パク・ミングン
イ・テウ
キム・ジュンス
ドウォン
ハ・ソクヒ

イ・イェウン
パク・ユリ
キム・ガウォン
チョ・イヨン
ファン・スジョン

キム・ナリン
キム・ガヨン
ナム・ユジュ
チョン・ナラ
パク・ソヒ

ボーカル派

ハン・イネ
ユン・ヨンウン

ク・ドホン
ハン・ジス

キム・テヒョン
ヒョン・シニョン

ソン・ウィソン
キム・ミョジン

カン・チャンフィ
キム・ソンイン

パク・ジョンヒョン
パン・ジュンウォン
ペク・ヒョン

シンダーソングライター派

クマン
シン・アリン

キム・シオン
ユ・ヨンミン

チョン・スミン
スビ
パク・ヘウォン

ク・ギフン
キム・ジョンハン
リュ・ジヒョン

キム・プルム
キム・ヒョジン

ペク・ア
キム・ギョンミン
チェ・ボムジン

第1ラウンド1位のアイドル派に他の派が圧倒されている様子が見受けられました。第2ラウンドはアイドル、シンガーソングライター派は男女混成チームが多いのが特徴。この戦略がどう成否をわけるのか?要注目です!

第6話は、6月23日(木)21:30から放送されます!

ついに、日本人参加者カズタとタクマが同チームに!予告映像では、SUPER JUNIOR(スーパージュニア)の『Sorry,Sorry』を披露する姿が映っていました。

脱落する姿は見たくない・・・。第2ラウンドも勝ち抜き、デビューまで勝ち取ってほしいですね。

スポンサーリンク

【第6話】本戦第2ラウンド 1組目~3組目

本戦第2ラウンド「最強の組み合わせ3派戦」がスタート!

各組の対決で、1位と2位の派は全員生存でき、3位の派は全員脱落する残酷なルールです。

※()は予選ステージの得票数をもとにしたランクを表しています。

第2ラウンド【1組目】

ボーカル派

  • ハン・イネ(A)
  • ユン・ヨンウン(A)

チョ・ヨンピルの『I Hope It Would Be That Way Now』を披露

アイドル派

#Candyチーム

  • チョン・ソンユン(A)
  • パク・ヒョン(C)
  • チャン・ヒウォン(B)
  • イ・ハンジュン(B)
  • ソン・ミンソク(A)

HOTの『Candy』を披露

シンガーソングライター派

  • クマン(B)
  • シン・アリン(B)

The Jaduの『Need Conversation』を披露

観客192名+エンジェルミュージシャン8名による審査の結果は以下の通りでした。

順位部門
1位アイドル
2位シンガーソングライター
3位ボーカル

1組目の1位はアイドル派2位はシンガーソングライター派

3位のボーカル派が脱落となりました。

部門勝ち点
アイドル
ボーカル
シンガーソングライター

第2ラウンド【2組目】

シンガーソングライター派

  • キム・プルム(B)
  • キム・ヒョジン(A)

チョ・ヨンピルの『Song Of The Wind』を披露

アイドル派

#ミスターチーム

  • イ・イェウン(B)
  • パク・ユリ(A)
  • キム・ガウォン(B)
  • チョ・イヨン(B)
  • ファン・スジョン(B)

KARAの『ミスター』を披露

ボーカル派

  • パク・ジョンヒョン(B)
  • パン・ジュンウォン(B)
  • ペク・ヒョン(A)

チョン・ジュニルの『Hug Me』を披露

観客192名+エンジェルミュージシャン8名による審査の結果は以下の通りでした。

順位部門
1位シンガーソングライター
2位ボーカル
3位アイドル

2組目の1位はシンガーソングライター派2位はボーカル派

3位のアイドル派が脱落となりました。

部門勝ち点
アイドル4(+1)
ボーカル3(+2)
シンガーソングライター5(+3)

第2ラウンド【3組目】

ボーカル派

  • ク・ドホン(B)
  • ハン・ジス(A)

パク・ジユンの 『Phantom』を披露 

シンガーソングライター派

  • チョン・スミン(C)
  • スビ(B)
  • パク・ヘウォン(C)

Busker Buskerの『Cherry Blossom Ending』を披露

アイドル派

#DNAチーム

  • パク・ミングン(B)
  • イ・テウ(B)
  • キム・ジュンス(C)
  • ドウォン(C)
  • ハ・ソクヒ(B)

BTSの『DNA』を披露

観客192名+エンジェルミュージシャン8名による審査の結果は以下の通りでした。

順位部門
1位アイドル
2位シンガーソングライター
3位ボーカル

3組目の1位はアイドル派2位はシンガーソングライター派

3位のボーカル派が脱落となりました。

部門勝ち点
アイドル7(+3)
ボーカル4(+1)
シンガーソングライター7(+2)

第7話は、6月30日(木)21:30から放送されます!

日本人参加者カズタとタクマが登場!予告映像では、SUPER JUNIOR(スーパージュニア)の『Sorry,Sorry』を披露する姿が映っていました。

第2ラウンドも勝ち抜き、デビューまで勝ち取ってほしいですね。

【第7話】本戦第2ラウンド 4組目~6組目

本戦第2ラウンド「最強の組み合わせ3派戦」の後半戦がスタートしました。

各組の対決で、1位と2位の派は全員生存でき、3位の派は全員脱落する残酷なルール。

また、1位を多く出した派には、別途特典が用意されることも発表されました。

※()は予選ステージの得票数をもとにしたランクを表しています。

第2ラウンド【4組目】

アイドル派

  • キム・ガヨン(B)
  • チョン・ナラ(A)
  • ナム・ユジュ(A)
  • パク・ソヒ(C)
  • ペク・ナリン(B)

少女時代の『Gee』を披露

ボーカル派

  • ソン・ウィソン(B)
  • キム・ミョジン(B)

フィソンの『With Me』を披露

シンガーソングライター派

  • ク・ギフン(C)
  • キム・ジョンハン(A)
  • リュ・ジヒョン(A)

godの『Road』を披露

順位部門
1位シンガーソングライター
2位ボーカル
3位アイドル

4組目の1位はシンガーソングライター派2位はボーカル派

3位のアイドル派が脱落となりました。

部門勝ち点
アイドル8(+1)
ボーカル6(+2)
シンガーソングライター10(+3)

第2ラウンド【5組目】

実力派揃いの死の組に、日本人参加者カズタとタクマが登場!

ボーカル派

  • キム・テヒョン(A)
  • ヒョン・シニョン(A)

イン・スニ『Father』 披露

アイドル派

#ワールドジュニアチーム

  • カズタ(A)
  • タクマ(B)
  • ヤン・ジュニョク(A)
  • ロレンス(B)
  • ロビン(C)

SUPER JUNIOR(スーパージュニア)の『Sorry,Sorry』を披露

シンガーソングライタ―派

  • キム・シオン(B)
  • ユ・ヨンミン(B)

Broccoli you tooの『Graduation』を披露

順位部門
1位ボーカル
2位アイドル
3位シンガーソングライター

5組目の1位はボーカル(185点)2位はアイドル派(181点)

3位のシンガーソングライター派が脱落となりました。

部門勝ち点
アイドル10(+2)
ボーカル9(+3)
シンガーソングライター11(+1)

第2ラウンド【6組目】

第2ラウンド最終組のステージがスタートしました。

ボーカル派

  • カン・チャンフィ(A)
  • キム・ソンイン(B)

キム・テウ『Love Rain』を披露

アイドル派

#雪だるまチーム

  • チョン・チビン(A)
  • キム・スンヒョク(C)
  • ユン・ドハ(B)
  • パク・グァンヨン(B)
  • カン・ジョンソ(B)

BIGBANGの『BANG BANG BANG』を披露

シンガーソングライター派

  • ペク・ア(B)
  • キム・ギョンミン(B)
  • チェ・ボムジン(A)

sunwoojungaの『Run with Me』を披露

順位部門
1位ボーカル
2位アイドル
3位シンガーソングライター

6組目の1位はボーカル2位はアイドル派

3位のシンガーソングライター派が脱落となりました。

部門勝ち点
アイドル12(+2)
ボーカル12(+3)
シンガーソングライター12(+1)

第2ラウンドの各組の1位は以下の通りです。

1組目アイドルチョン・ソンユン
パク・ヒョン
チャン・ヒウォン
イ・ハンジュン
ソン・ミンソク
2組目シンガーソングライターキム・プルム
キム・ヒョジン
3組目アイドルパク・ミングン
イ・テウ
キム・ジュンス
ドウォン
ハ・ソクヒ
4組目シンガーソングライターク・ギフン
キム・ジョンハン
リュ・ジヒョン
5組目ボーカルキム・テヒョン
ヒョン・シニョン
6組目ボーカルカン・チャンフィ
キム・ソンイン

1位のチームを最も多く獲得した派には特典があると発表されていましたが、各派とも2チームが1位を獲得し、同点の結果になっています。

エンジェルパス

各組で3位の脱落者に、最後のチャンス「エンジェルパス」が与えられました。

エンジェルパスは、スターメイカーが見抜けなかった才能をエンジェルミュージシャンが拾い上げるシステム

与えられたエンジェルパスは3枚のみ。

結果、ボーカル派から1名、シンガーソングライター派から2名が第3ラウンドに駒を進めることが決定!

名前参加部門
ハン・イネボーカル
ユ・ヨンミンシンガーソングライター
ペク・アシンガーソングライター

最終的に、本戦第3ラウンドに進出するのは42名となりました。

(アイドル派20名/ボーカル派10名/シンガーソングライター派12名)

残念ながら、アイドル派の女性(ヨジャ)メンバーは全員が脱落となってしまいました。

次回、第8話は、7月7日(木)21:30から放送されます!

7月5日更新 青春スター公式Twitterにて、日本人参加者の「タクマ」さんが、健康上の理由により第3ラウンド以降の番組への参加を辞退することが発表されました。

スポンサーリンク

【第8話】本戦第3ラウンド 1~4組目

本選第3ラウンドは、「勝者生存ハンターゲーム」。

上位圏の参加者が所属派以外の派から対戦相手を指名し、一対一で対決します。

強者が弱者を指名する残酷なシステム!勝者は生存し、敗者は脱落するルールとなっています。

『本戦 第3ラウンド』の審査基準・ルール

チーム編成
各派(ボーカル・シンソン・アイドル)のA、B、Cランク同士がチームを結成

対戦方法
上位ランクのチームから順に1対1の相手を指名
自ら所属する派からは選択不可
(例:アイドル派のチームが同じアイドル派のチームを対戦相手に指名できない)
勝ったチームは全員準決勝に進出確定
負けたチームは即脱落

審査方法(観客192名+エンジェルミュージシャン8名)
合計200票の投票で各対戦での脱落チームが決定
勝利チームの派は2点を獲得
(3チームでの対戦となった組は 1位⇒2点 2位⇒1点 3位⇒脱落)
最も勝ち点の高い派にはベネフィット授与

第3ラウンド【1組目】

アイドル派のチョン・ソンユン(Aランク)が、ボーカル派のハン・イネ、チョン・ミョジン(Cランク)を指名。

ボーカル派

ハン・イネ
キム・ミョジン

Younha(ユンナ)『Password 486』を披露

アイドル派

チョン・ソンユン

SE7ENの『come back to me』を披露

勝者:アイドル派 チョン・ソンユン

部門勝ち点
アイドル2(+2)
ボーカル0(+0)
シンガーソングライター

第3ラウンド【2組目】

シンガーソングライター派のキム・プルム、キムジョンハン(Aランク)が、アイドル派のソン・ミンソクら(Cランク)を指名。

シンガーソングライター派

キム・プルム
キム・ジョンハン

Seotaiji and Boysの『To You』を披露

アイドル派

ソン・ミンソク 
ドウォン 
ハ・ソクヒ 
パク・グァンヨン 
パク・ミングン

NCTDREAMの『ChewingGum』を披露

勝者:シンガーソングライター派 /キム・プルム キム・ジョンハン

部門勝ち点
アイドル2(+0)
ボーカル
シンガーソングライター2(+2)

第3ラウンド【3組目】

ボーカル派(Aランク)が、がシンガーソングライター派(Cランク)を指名。

シンガーソングライター派

クマン
スビ 
チョンスミ

godの『Lies』を披露

ボーカル派

キム・テヒョン
ペク・ヒョン

Vibeの『The Man the Woman』を披露

勝者:ボーカル派 キム・テヒョン ペク・ヒョン 183点

部門勝ち点
アイドル
ボーカル2(+2)
シンガーソングライター2(+0)

第3ラウンド【4組目】

日本人参加者カズタが登場。上位の参加者が対戦相手を指名できるルールのため、下位のチームを指名する方が圧倒的に有利ですが、カズタは予選で同じく1位を獲得したカン・チャンフィを指名!

ボーカル派

カン・チャンフィ 
パン・ジュンウォン

キム・ゴンモの『One Flew over the Cuckoo’s Nest』を披露

アイドル派

カズタ 
ヤン・ジュニョク 
ロビン 
ロレンス

東方神起の『MIROTIC』を披露

※タクマさんは、体調不良により第3ラウンド以降の出演を辞退しています。

勝者:アイドル派 カズタ /ヤン・ジュニョク /ロビン /ロレンス 179点

部門勝ち点
アイドル4(+2)
ボーカル2(+0)
シンガーソングライター
スポンサーリンク

【第9話】本戦第3ラウンド 5~7組目

第3ラウンド【5組目】

シンガーソングライター派

リュ・ジヒョン
キム・ヒョジン

キム・グァンソクの『ある60代老夫婦の話』を披露

アイドル派

イ・テウ 
カン・ジョンソ
キム・ジュンス
チョン・チビン

INFINITE の『BeMine』を披露

勝者:シンガーソングライター派 リュ・ジヒョン/キム・ヒョジン

部門勝ち点
アイドル4(+0)
ボーカル
シンガーソングライター4(+2)

第3ラウンド【6組目】

シンガーソングライター派

シン・アリン 
パク・ヘウォン 
ユ・ヨンミン 

Monoの『YouAlways』を披露

ボーカル派

ヒョン・シニョン

NAUL の『MemoryOfTheWind』を披露

勝者:ボーカル派 ヒョン・シニョン

部門勝ち点
アイドル4(+0)
ボーカル4(+2)
シンガーソングライター4(+0)

第3ラウンド【7組目】

最終組は3チームでの対戦となりました。1位は2点、2位は1点を獲得し、3位が脱落となります。

シンガーソングライター派

ク・ギフン
ペク・ア

カンサンエの 『Youcandoit』を披露

アイドル派

イ・ハンジュン 
キム・スンヒョク
チャン・ヒウォン
パク・ヒョン 
ユン・ドハ 

EXOの『Growl』を披露

ボーカル派

キム・ソンイン 
ソン・ウィソン 
パク・ジョンヒョン

プファルの『LonelyNight』を披露

1位:ボーカル派 キム・ソンイン /ソン・ウィソン /パク・ジョンヒョン
2位:アイドル派 イ・ハンジュン /キム・スンヒョク/チャン・ヒウォン/パク・ヒョン /ユン・ドハ 

部門勝ち点
アイドル5(+1)
ボーカル6(+2)
シンガーソングライター4(+0)

エンジェルパス

脱落者に、最後のチャンス「エンジェルパス」が与えられました。

エンジェルパスは、スターメイカーが見抜けなかった才能をエンジェルミュージシャンが拾い上げるシステム

与えられたエンジェルパスは2枚のみ。

結果、ボーカル派から1名、シンガーソングライター派から1名が準決勝に駒を進めることが決定。

名前参加部門
カン・チャンフィボーカル
ク・ギフンシンガーソングライター

また、第3ラウンドにおいてボーカル派が派別の獲得点数で1位となったため、ベネフィットを獲得!

ボーカル派に与えられたベネフィットは「1名復活」。これにより、『パン・ジュンウォン』が復活となりました!

最終的に、準決勝に進出するのは23名となりました。

(アイドル派10名/ボーカル派8名/シンガーソングライター派5名)

abema 青春スター

ロレンス/ロビン/ヤン・ジュニョク/ユン・ドハ/キム・スンヒョク
カズタ/チョン・ソンユン/パク・ヒョン/イ・ハンジュン/チャン・ヒウォン

abema 青春スター

ペク・ヒョン/ヒョン・シニョン/ソン・ウィソン 
カン・チャンフィ/キム・テヒョン/パク・ジョンヒョン/キム・ソンイン 

abema 青春スター

ク・ギフン/キム・ジョンハン
リュ・ジヒョン/キム・プルム/キム・ヒョジン

次回、第10話は7月21日(木)21:30から放送されます!

スポンサーリンク

【第10話】準決勝 第1ラウンド「個人戦」

青春スターもいよいよ準決勝!準決勝は2ラウンド行われます。

1ラウンドと2ラウンドの総合得点上位7組はデビューが確定・賞金1億ウォンを懸けた生放送の決勝戦に進出が確定します!

『準決勝』1ラウンドルール

1ラウンドは、エンジェルミュージシャンが1人100点の合計800点、スターメイカー(観客)200点の総合点1000点で評価されます。

①チーム編成・対戦方法
アイドル派→ 5名で1チームになり、1曲ずつ披露
ボーカル派・シンガーソングライター派→ 個人で1曲ずつ披露

②審査方法
エンジェルミュージシャン8名 800点
スターメイカー(観客)200名 200点
合計1000点満点

今までと違い、1人100点を握っている、エンジェルミュージシャンの評価がかなり重要になってきますね!


続いて、第2ラウンドのルールは以下の通りです。

『準決勝』2ラウンドルール

①チーム編成・対戦方法
アイドル派→ 5名で1チームになり、同じ課題曲を披露
ボーカル派→ 男子と女子チームに分かれ、男女それぞれ同じ課題曲を披露
シンガーソングライター派→ 男子と女子チームに分かれ、同じアーティストのをそれぞれ選び披露

②審査方法
エンジェルミュージシャン8名 400点
スターメイカー(観客)200名 200点
合計600点満点


ついに第1ラウンドの「個人戦」がスタート!

ステージ順は、①ボーカル派→②アイドル派→③シンガーソングライター派。結果は以下の通りです。

ボーカル派

名前エンジェル観客総合点数
パク・ジョンヒョン200168368
カン・チャンフィ200109309
ペク・ヒョン700190890
キム・ソンイン400104504
ソン・ウィソン30092392
キム・テヒョン700132832
ヒョン・シニョン800(オールパス)129929
パン・ジュンウォン0121121

アイドル派

名前エンジェル観客総合点数
プレイチーム400157557
キューピッドチーム800(オールパス)184984

プレイチーム:ロレンス/ロビン/ヤン・ジュニョク/ユン・ドハ/キム・スンヒョク  
キューピッドチーム:カズタ/チョン・ソンユン/パク・ヒョン/イ・ハンジュン/チャン・ヒウォン

BTS「I NEED U 」  EXO「Love Shot

1ラウンド ボーカル派~アイドル派までの順位

第10話では、ボーカル派8名、アイドル派2組の計10組のステージが放送されました。

これまでの結果は以下の通りとなります。(準決勝は1、2ラウンドの総合得点トップ7組がデビューとなります。)

名前エンジェル観客総合点数順位
キューピッドチーム800184984
ヒョン・シニョン800129929
ペク・ヒョン700190890
キム・テヒョン700132832
プレイチーム400157557
キム・ソンイン4001045046
ソン・ウィソン300923927
パク・ジョンヒョン2001683688
カン・チャンフィ2001093099
パン・ジュンウォン012112110

カズタのいるアイドル派「キューピッドチーム」、ボーカル派の女王「ヒョンシニョン」がエンジェルミュージシャン8人全員から票を獲得(オールパス)しました!

【第11話】準決勝 第1ラウンド(シンソン派)~第2ラウンド

準決勝ー第1ラウンド(シンガーソングライター派)のステージがスタート!

シンガーソングライター派

名前エンジェル観客総合点数
リュ・ジヒョン700153853
ク・ギフン600102702
キム・ヒョジン200118318
キム・ジョンハン600145745
キム・プルム700173873

第1ラウンドの総合順位・得点は以下の通りとなりました。

準決勝 第1ラウンド 総合順位・得点

名前エンジェル観客総合点数順位
キューピッドチーム800184984
ヒョン・シニョン800129929
ペク・ヒョン700190890
キム・プルム600173873
リュ・ジヒョン700153853
キム・テヒョン700132832
キム・ジョンハン600145745
ク・ギフン600102702
プレイチーム400157557
キム・ソンイン40010450410
ソン・ウィソン3009239211
パク・ジョンヒョン20016836812
キム・ヒョジン20011831813
カン・チャンフィ20010930914
パン・ジュンウォン012112115

準決勝 第2ラウンド 総合順位

第2ラウンド、チーム戦「ライバル対決」がスタート!

『準決勝』2ラウンドルール

①チーム編成・対戦方法
アイドル派→ 5名で1チームになり、同じ課題曲を披露
ボーカル派→ 男子と女子チームに分かれ、男女それぞれ同じ課題曲を披露
シンガーソングライター派→ 男子と女子チームに分かれ、同じアーティストのをそれぞれ選び披露

②審査方法
エンジェルミュージシャン8名 400点
スターメイカー(観客)200名 200点
合計600点満点

ボーカル派 女子

In Dream – パク・ジョンヒョン 

名前エンジェル観客総合点数
ヒョン・シニョン300120420
ペク・ヒョン200133333
ソン・ウィソン200115315

ボーカル派 男子

I’m coming to you – ユン・ジョンシン

名前エンジェル観客総合点数
キム・テヒョン400166566
キム・ソンイン200147347
パク・ジョンヒョン150148298
カン・チャンフィ10079179
パン・ジュンウォン100101201

シンガーソングライター派 男子

キム・ジョンハン ♪You in My Arms – ユ・ジェハ
ク・ギフン ♪Past Days – ユ・ジェハ

名前エンジェル観客総合点数
キム・ジョンハン350139489
ク・ギフン35092442

シンガーソングライター派 女子

キム・プルム ♪Good Bye – SANULLIM
キム・ヒョジン ♪青春 – SANULLIM
リュ・ジヒョン ♪The Meaning of You – SANULLIM

エンジェル観客総合点数
キム・プルム300164464
キム・ヒョジン300117417
リュ・ジヒョン250135385

アイドル派 

キューピッドチームVSプレイチーム 
CALL ME BABY -EXO

エンジェル観客総合点数
キューピッドチーム400170570
プレイチーム250148398

キューピッドチーム:カズタ/チョン・ソンユン/パク・ヒョン/イ・ハンジュン/チャン・ヒウォン
プレイチーム:ロレンス/ロビン/ヤン・ジュニョク/ユン・ドハ/キム・スンヒョク  

準決勝 1R&2R 総合順位 デビューメンバー決定!

準決勝の2ラウンドが終了し、ついに、デビューメンバーが決定!

1ラウンドと2ラウンドの総合得点上位7組のデビューが確定しました!

名前1R2R総合順位
キューピッドチーム9845701554
キム・テヒョン8325661398
ヒョン・シニョン9295201349
キム・プルム8734641337
リュ・ジヒョン8533851238
キム・ジョンハン7454891234
ペク・ヒョン8903331223
ク・ギフン7024421144
プレイチーム557398955
キム・ソンイン50434785110
キム・ヒョジン31841773511
ソン・ウィソン39231570712
パク・ジョンヒョン36829866613
カン・チャンフィ30917948814
パン・ジュンウォン12120132215

惜しくも9位となった、アイドル派「プレイチーム」に最後のチャンス「エンジェルパス」が与えられました。

以下2名の名前が発表され、デビュー確定&決勝戦へ進出することに!

ヤン・ジュニョク
ユン・ドハ

アイドル派は、カズタ/チョン・ソンユン/パク・ヒョン/イ・ハンジュン/チャン・ヒウォン/ヤン・ジュニョク/ユン・ドハ

7人で決勝に進出することになりました。

次回、1億ウォンの賞金を懸けた決勝戦の模様は、8月4日(木)22:00~生放送されます!

青春スターTOP7公式インスタグラム:youthstar.official
青春スターTOP7公式Twitter:@youth__star

【第12話】決勝 第1位決定戦

待望の決勝戦は2回戦に分けて行われます。

エンジェル評価1,600点・事前投票800点・メール投票800点の総合得点3200点で順位が決まります。

決勝戦・審査基準

エンジェルミュージシャン評価 1600点 50%
事前投票 800点 25%
メール投票 800点 25%

ステージを披露する順番は以下の通り。7位のペク・ヒョンからスタートします。

①ペク・ヒョン(ボーカル派)
②キム・ジョンハン(シンガーソングライター派)
③リュ・ジヒョン(シンガーソングライター派)
④キム・プルム(シンガーソングライター派)
⑤ヒョン・シニョン(ボーカル派)
⑥キム・テヒョン(ボーカル派)
⑦n.SSing(アイドル派)

決勝 第1回戦

第一回戦のエンジェルミュージシャン評価による得点・順位は以下の通りです。

名前エンジェル得点順位
n.SSing787
キム・プルム767
キム・テヒョン761
ヒョン・シニョン756
ペク・ヒョン743
リュ・ジヒョン731
キム・ジョンハン721

n.SSing(New star sign):新しいを意味する『New』。そして、star sign(星座)は一つでは輝くことができません。7人で新しい星座を作ってみようという意味が込められています!

決勝 第2回戦

第二回戦のエンジェルミュージシャン評価による得点は以下の通りです。

名前エンジェル得点
ペク・ヒョン746
キム・ジョンハン751
リュ・ジヒョン729
キム・プルム769
ヒョン・シニョン784
キム・テヒョン772
n.SSing764

決勝戦 エンジェル点数 総合得点・順位

エンジェルミュージシャン評価による1回戦と2回戦の総合得点・順位は以下の通りです。

名前1回戦2回戦総合順位
n.SSing7877641551
ヒョン・シニョン7567841540
キム・プルム7677691536
キム・テヒョン7617721533
ペク・ヒョン7377461483
キム・ジョンハン7217511472
リュ・ジヒョン7317291460

決勝戦 オンライン事前投票順位

オンライン投票は800点満点です。全体の%は25%が反映されます。1位は800点。2位からは50点ずつ差し引かれます。

名前1回戦順位
n.SSing800
リュ・ジヒョン750
キム・ジョンハン700
キム・プルム650
ペク・ヒョン600
キム・テヒョン550
ヒョン・シニョン500

決勝戦 総合得点・順位 

エンジェル評価1,600点・事前投票800点・メール投票800点の総合3200点満点で順位が決まります。

青春スター最終回(決勝戦)の総合得点・順位は以下の通りとなりました。

名前エンジェル事前投票メール投票総合順位
n.SSing15518008003151
キム・プルム1536650538.222724.22
ヒョン・シニョン1540500630.252670.25
キム・テヒョン1533550529.572612.57
リュ・ジヒョン1460750218.682428.68
キム・ジョンハン1472700208.962380.96
ペク・ヒョン1483600225.392308.39

見事1位&賞金1億ウォンを獲得したのはアイドル派のn.SSingエンサイン)でした!

2位はシンガーソングライター派のキム・プルム。3位はボーカル派のヒョン・シニョンとなりました。

N.ssing(New star sign)は、新しいを意味する『New』。そして、『star sign(星座)』が一つでは輝くことができません。7人で新しい星座を作ってみようという意味が込められています!

N.ssingは、ハングルで書くと엔싸인となり、「エンサイン」と発音します。

\8月12日更新/  ※グループ名の表記が、『N.ssing』からn.SSingに変更となりました。
また、TOP7全員が「n.CHエンターテイメント」に所属することも決定しています。

スポンサーリンク

青春スター TikTok 視聴者投票方法 

最終回での優勝者選定に25%反映される視聴者投票が行われています!

5月12日18:00~7月25日11:00までのTOP10は以下の通りです。

1位カズタ(アイドル)4,513,900票
2位チョン・ソンユン(アイドル)2,603,800票
3位ヤン・ジュニョク(アイドル) 2,381,100票
4位パク・ヒョン(アイドル)2,277,500票
5位イ・ハンジュン(アイドル)1,927,000票
6位ユン・ドハ(アイドル)1,293,400票
7位リュ・ジヒョン(シンソン)1,268,100票
8位キム・ジョンハン(シンソン)1,054,400票
9位キム・プルム(シンソン)1,043,100票
10位チャン・ヒウォン(アイドル)689,600票

投票方法

投票期間:8月2日(火)23:59まで ←終了

STEP
TiKTokの投票ページが起動
STEP
応援したい参加者を選んで[VOTE]をタップ

ボタンがグレーになったら投票完了!

1日1回最大7名まで投票可能。1人に対し重複投票はできません。投票権は毎日午前0時にアップデートされます!

青春スター オーディション まとめ

今回、青春スターオーディションの最終順位・点数などの全結果まとめをご紹介しました。

以下の7組がデビューを勝ち取り、アイドル派のn.SSingが優勝・賞金1億ウォンを獲得しました!

n.SSing(アイドル派)
②キム・プルム(シンガーソングライター派)
③ヒョン・シニョン(ボーカル派)
④キム・テヒョン(ボーカル派)
⑤リュ・ジヒョン(シンガーソングライター派)
⑥キム・ジョンハン(シンガーソングライター派)
⑦ペク・ヒョン(ボーカル派)

スポンサーリンク
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次